小さめのミラーレスにおすすめ。カメラ用ショルダーバッグ“normas”レビュー

小さめのミラーレスにおすすめ。カメラ用ショルダーバッグ“normas”レビュー

カメラを持ち歩くときどうしていますか?

私はCannonのKissMを愛用している。エントリー向けのカメラだが、軽く持ち運びやすいのが利点だ。しかし、軽いカメラでもレンズを持ち運ぶとやはり嵩張ってしまう。

今まではレンズ毎にレンズポーチに入れて普段使いのカバンに入れていたが、レンズがバラバラになってしまうし、出し入れがめんどくさい。

そこでKissM用に小さめのカメラバックを購入。自分にはジャストフィットだったので紹介する。

Advertisement

一眼レフカメラ用ショルダーバッグ“normas”

私は家電量販店で実物を見たうえで購入。ただ、袋の中に入っていたためサイズ合わせができなかった。しかし、結果的にはぴったりサイズ。

見た目

全面は、ぱっと見エレコム製品というのを全面に押し出しておらず、どこの製品のバッグかわからない。でも結構おしゃれなカバンだと思う。

色はブラック、オレンジ、カーキ、グレー、ネイビーの5色展開。私が購入したのはカーキ。

蓋の上に取手は付いていないのでショルダーバック以外では使えない。

肩掛けの日も部分は縫い付けてあり、交換はできない。ここはちょっと安っぽいかな。値段なりといった感じ。

反対側は長さを調節できるようになっている為、金属製の輪っかが通っている。

背の部分にはちょっとした小物入れが備わっている。ただし、カメラを入れると余裕がなくなるのであまり大きな財布とかは入らないかな。

カメラを入れる部分は衝撃吸収のスポンジが入っており、柔らかい素材でできている。中のクッションもコホリが立ったり、ぽろぽろ剥がれたりするような素材でもないので安心して精密機械を入れられる。

そのほかに中の仕切り用のクッションパッドが付いている。個人的にはこの仕切りは2つ入ってほしかった。

KissMのような小さなカメラの場合、カメラ+レンズ2本いけるのでそんなユーザーのためにも仕切りは2つ欲しいところ。しかもこのパーツ別売りでも売っていない。

私は別のメーカーの製品で代用することにしたが、125mm×125mmのサイズは大きかった。購入する際はもう一回り小さい仕切りを購入することをお勧めする。

Canon KissMを入れてみた

KissMであればカメラ本体+レンズ2本を入れることが可能。KissMが小さいというのもあるが、レンズもコンパクトなEF-Mレンズなので結構余裕はある。シグマの大きめなレンズをつけて本体を収納しているが、取り出すのに一苦労ということはない。

カメラを入れた状態でいつも使用しているちょっと大きめなカバンに入れてみたところ。今まではカメラケース+個々のレンズケースで持ち歩いていたが、これならカメラ関係がまとまっていて取り出しやすい。

まとめ

良いところ

  • コンパクトで小さなカメラにぴったり
  • 衝撃吸収素材でカメラをしっかり保護
  • 見た目もカメラバックにしてはおしゃれなデザイン

×微妙なところ

  • 中の仕切りが1枚しか入っていないので工夫しないと本体とレンジ1本しか入らない
  • じっくり見ると値段なりの部分がある

KissMでカメラバッグに迷っている人は買ってみてもいいかもしれない。小さいカバンなので、大きめの一眼レフの持ち運びには適さないかもしれないが、最近カメラを始めたというエントリー向けミラーレスカメラであればぴったりの大きさだと思う。

 

日用雑貨カテゴリの最新記事