安いけど不満少ない良い機種だと思う。Rakuten Handレビュー

安いけど不満少ない良い機種だと思う。Rakuten Handレビュー

ずーっとiPhoneユーザーだった私が楽天モバイルの1年間無料、新規申し込み時Rakuten Handのポイント還元19999円に惹かれてRakuten Handを買ってみたのでレビューしたいと思う。

Advertisement

スペック

Rakuten Handのスペックは以下の通り。

スペック
メーカー 楽天モバイル株式会社
製品名 Rakuten Hand
プロセッサ Qualcomm® Snapdragon™ 720G / オクタコア 2.3GHz + 1.8GHz
メモリ 4GB
容量 64GB
ディスプレイ 5.1インチ / 有機EL HD+ / 720 × 1,520
バッテリー容量 2,750mAh
NFC 対応
ワイアレス充電 非対応
5G 非対応
生体認証 顔・指紋
カメラ 約4,800万画素 (広角) + 約200万画素 (深度測位)
OS Android10
USB USB Type-C / USB 2.0
価格 20,000円(税込み)

詳細は楽天モバイル公式ページ

CPU(チップセット)はQualcomm® Snapdragon™ 720G でどうやらミドルレンジと呼ばれる部類の製品らしい。

今まで私はiPhoneしか使ってこなかったので、チップセットによるスペック差について疎いが、チップセットは2020年の1月に出たものみたいなので、安い端末だからと言って古いチップセットを使っているわけでは無さそう。

低価格な割にNFCを搭載していたり、生体認証もちゃんと搭載しているのはうれしいポイント。

ただし、本体容量が64GBで少な目なのと、SDカードが使えないのは価格故の制限か・・・

パッケージ・外観

パッケージはシンプルだけど安っぽいわけではなく、しっかりとした箱。

箱を開けると本体と充電器とケーブルが登場する。

内容物は本体、充電器、ケーブル、説明書だけ。

今回選択した色は黒。本体カラーは黒、白、赤から選ぶことができる。ディスプレイ側は同じ色で側面、背面の色が変わる。

かなりスリムで持ちやすい。しかも左右が湾曲しているからか、数値よりもかなりスリムに感じる。

ディスプレイは今どきの端末にしては上下に大きく縁取りされている。

本体底面はUSBとマイク、スピーカー。USBはUSB-Cを搭載している。

上面はマイクとイヤホンジャック。今どきの端末でイヤホンジャックを搭載しているのは珍しい。

右側側面は音量ボタンと電源ボタン。

右側側面は何もない。この端末はe-SIMのみ対応のため、SIMカードスロットは無い。

本体裏面はカメラ、フラッシュと楽天のロゴが印刷されている。本体はテカテカしていて指紋が目立つ。何気におサイフケータイも搭載しており、本体中央にセンサーがあるよう。

カメラは2眼カメラ。若干本体から突起している。

本体はコンパクトで持ちやすい

Rakuten Handという名の通り、片手でがっしりともって使うことができる端末サイズ。私はどちらかと言えば手が大きいほうだが、最近のスマホはどんどん大きくなってきていて使いづらい。

そんな中、Rakuten Handはコンパクトで特に細長く作られており、持ちやすい。

重量も軽く、正直ちょっとスカっとした印象。ただ、それで安っぽい!と感じるわけではなく、程よい質感。iPhoneのフラッグシップ機もこれぐらい軽いと嬉しいのだが。

安いのに画面内指紋認証と顔認証搭載

Rakuten Handはこの価格で画面内指紋認証と顔認証が搭載されている。

昨今のコロナ禍で外出先ではマスク必須となっているため、指紋認証があるのはとてもうれしい。認識速度も遅くなく、実に快適に使うことができる。

一応顔認証も搭載されているが、おそらく深度などは読み取っておらず写真との比較で判別しているのではないかと思う。

認証速度も速くて快適だが、逆に本当にちゃんと認証しているのか疑問ではある。顔認証と指紋認証は両方とも有効にすることができる。

動作はサクサク。だけども・・・

動作はサクサク。これが2万の端末の実力か・・と思うほどサクサク。

ブラウザやテキストベースのアプリを使うには何の問題もない。

今までサクサクだからという理由でiPhoneを使っていたが、これならAndroidでもいいなと感じた。

私は普段あまりスマホげーをやらないが、唯一継続してやっているスマホゲーとして、ポケモンGOがある。

ポケモンGOについても特に問題なく動作しているが、めちゃ快適かと言われるとそこまで快適とは言えないかもしれない。

また、気になる点としてポケモンGOを立ち上げてバックグラウンドに移すとポケモンGOが停止していることがある。停止していることがあるレベルではなくてバックグラウンドに移してほかのアプリを起動させると100%停止してしまっている。

普段であれば問題ないのだが、Pokemon GO Plusに接続しているときなどアプリが落ちては困るときでも落ちてしまっている。ひょっとしたら何か設定で打開できるかもしれないが、ブラウザなども他のアプリを起動してから再度ブラウザに戻ると再読み込みをしているのでこれはおそらくOS側で何らかの電池の制御か、メモリ不足が発生しているのではないかと推測する。

なので、放置ゲーをやりたいなって思っている人でそのゲームがバックグラウンドで起動しっぱなしにしないといけないという制約がある場合は注意が必要かも。

カメラはまあ、特に大きな不満はないレベル

iPhoneに比べたら若干ノイジーでパリッとさに欠けている様な気がするが、日常の記録ならまあ十分かなといった感じ。

自分は旅行などは一眼を持ち歩くので常用はしないかな・・

夜の撮影もぱっと撮ってこれならまあ満足かな。スマホカメラの画質にこだわるならもっと特化した端末を選ぶべきだろう。

Android OS はバージョン10

Rakuten HandはAndroid OS10を搭載している。現在ではすでに11が公開されており、12もbetaが始まっているのでOSとしては一世代前のOSで販売されている。

私はiOSしか使ってこなかったのでまだ売っている機種なのに最新のOSを適用できないことに違和感を感じるが、AndroidはメーカーによってOSのバージョンをアップするしないを決めるらしい。

ちなみにRakuten Handは Android OS11へのアップデートは現時点では計画されていない。

バッテリーもそこまで不満なし

今どきの端末にしては若干バッテリー容量が小さいが、サブ用として1週間ほど使ってみたが、バッテリーが足りないなと感じることはなかった。ただし、当たり前だがポケモンGO等ほかのスマホでもバッテリーを多く使うようなアプリを起動しているとバッテリーはガシガシ減っていく。バッテリーが少なくはないが、多くもないといった感じかな。

バッテリー容量は問題ないが、ワイヤレス充電に非対応なのが個人的には残念ポイント。

ディスプレイの解像度は若干低い

画面解像度は今どきの最新スマートフォンに比べて若干解像度が低いHD+となっている。ただ、iPhoneと比較しても文字が粗いから気になるとか、表示範囲が狭いといったことは無い。画面も有機ELで発色も良い。実際、iPhoneと表示領域を比べてもそこまで差は無い。

ただ、本体がコンパクトなゆえに画面が小さいため、ブラウザで文字が小さいなぁと感じることはある。この辺りは本体サイズとトレードオフですね。

まとめ

良いところ

  • コンパクトサイズで持ちやすい。
  • 安いけどゲームをしないならサクサク使える。
  • 押さえるべきところは押さえてあるバランスの良い機種。

×微妙なところ

  • メモリ不足なのか、バックグラウンドアプリがよく落ちる。
  • Android OSのアップデートが継続的に行われるか不明。

今なら実施無料でもらえるRakuten Hand。安い機種なのでそこまで期待をしていなかったが、いい意味で期待を裏切られた機種。

私がAndroid初めてなので使い方については戸惑いがあるが、端末としてはコンパクトで持ちやすく動作もサクサクで不満が無い。

ただ、メモリ不足なのかバックグラウンドアプリが落ちてしまうのはいただけないかな。

実質無料なので早めに手に入れておくのが吉。無料でなくても安い機種として購入の候補に挙げてもいいと思う。

ガジェットカテゴリの最新記事