Jabra Elite 75tのケースのリセット

Jabra Elite 75tのケースのリセット

快適に使っていたJabraのワイヤレスイヤホンのJabra Elite 75tですが、突然ケースが調子悪くなり、何か対処法が無い物かと思いいろいろ試した結果治ったのでTIPSとして記録しておく。

症状

ある日突然Jabra Elite 75tのケースの調子が悪くなった。具体的にはケース背面のLEDがずっと点灯しており、JabraのSound+のアプリでケースの充電残量が表示されなくなるといった事象が発生した。

Sound+のアプリにケースの充電残量が表示されないとイヤホンのファームウェアのアップデートや言語の変更ができなくなるので結構問題。

ケースのリセット

まずはグーグル先生でJabra Elite 75t ケースリセットで検索してみると、イヤホンを外した状態で満充電をするとケースのリセットがかかると書いてあったので実施。
→こちらの記事参考

残念ながらこの方法では私のケースで発生している事象は解決しなかった。

解決方法

私の場合は、ケースを完全放電させてから1日ほど放置しておき、充電ケーブルで充電したら正常に動作するようになった。

Sound+のアプリにも電池残量が表示され、ケース背面のLEDもふたを開け示した時だけ点灯するようになった。

Jabra Elite 75tのケースはおそらく正式なケースリセット方法が無いのだと思う。

まとめ

あくまで私の場合は完全放電でケースがリセットされ動作するようになったよって話。

どうもワイヤレス充電はケースに負荷を与えているようで、ワイアレス充電中はケースがすごく熱くなるし、今回の事象もワイアレス充電をした後に発生した。

サポートにも連絡し、イヤホンのリセットをしてくださいなどの一通りのオペレーションをこなした後、修理(交換)の手続きに入っていたが、無事に治ったので今回は修理取りやめ。

今後も不具合が出ないことを祈るばかり。

 

 

 

TIPSカテゴリの最新記事