安いけどワイアレスなLogicool WIRELESS KEYBOARD K270レビュー

安いけどワイアレスなLogicool WIRELESS KEYBOARD K270レビュー

今まで会社ではデスクトップPCを使用していたがノートPCに変わり、画面が小さいのを補うために外付けディスプレイを使用している。外付けディスプレイをメインディスプレイとしたいのでキーボードを買うことにした。

Advertisement

安くてワイアレスなキーボード

使用するPCがノートPCで、特にゲームで使うような反応速度を求めてはいなかったのでワイアレスで安価なキーボードを探したところ、LogicoolのWIRELESS KEYBOARD K270というキーボードが見つかった。

どこのメーカーか不明なキーボードであればもっと安いものもあるが、出どころ不明のメーカーのレシーバーを会社のPCに挿すのも怖いし、私はすでにLogicoolのマウスを使用しているので、レシーバーを統一できればなぁと思い、Logicoolのキーボードを購入。

最近のPCはUSB-Aが少ない為、レシーバーを統一できるのはメリットかと思う。

Logicool WIRELESS KEYBOARD K270の外観とか

K270は発売からかなり経過しており、色々なブログでも取り上げられているが、一応当ブログでも紹介する。

キーはつや消しでマッドな質感

正直高級感はない。値段が安いのでそれなりと行った印象。ただ、事務用で使用するのであれば落ち着いて良いと思う。このキーボードの後継機としてK275があるが、これはキー上部と周辺の枠の色が異なる。

キータッチは軽い、スカスカと言った印象。安い業務用PCの付属で付いてくるキーボードの様なキータッチといえば伝わるだろうか。タイピング音はそこまで小さいわけではない。ただ、メカニカルキーボードの様に特別大きな音が出るわけではないので、静かな仕事場でも使える。

キーの上部にはショートカットボタン

このキーボードの特徴として、いくつかのショートカットボタン存在する。今時のキーボードの場合、ファンクションキーと共用する事が多いと思うがこのキーボードの設計当時のトレンドなのかと思う。私としてはこんなボタンなくても良いのでその分安くしてほしいと言った印象。

このショートカットボタンはLogicoolの専用のボタンで割り当てを変更する事ができる。私は電源ボタンは使用しないため、サクラエディタを起動する様に変更している。自分用にカスタマイズするとそこそこ便利に使えるボタンかも。

LEDインジケーターは1つのみ

だいたいのフルサイズのキーボードはLEDインジケーターは3つ付いている事が多いが、このキーボードは1つのみ。CapsLockのインジケーターしか存在しない。これも専用ソフトを入れるとNumLockされたタイミング、ScrollLockされたタイミングで画面上で大きく表示される様になる。

LEDインジケーターの隣にあるLogicoolのロゴは、この機種が発売されてからLogicoolのロゴが変更になったため、ポップな書体に変更されている。

ONOFFボタンはお世辞にも使い使いやすいとはいえない

本体の割に小さなONOFFボタンが付属している。ボタンが小さいのでこまめに電源を切る気にならない。

このキーボードは電池の持ちが良いため、電源を切らなくても良いかもしれない。試しに電源を切らない運用をしてみて、どれぐらい電池がもつのか試している。

ちなみに電池は単三電池が2本必要となる。

一般的なキーボードと比較して、大きさに特徴はなし

私が普段自宅で使用しているFILCOのMajestouchと比較しても大きさは同じぐらい。スペースキーがなぜか大きくなっているので下部のみ膨らんでいる。

スペースキーが大きい事で入力しやすくなっているかと言うと別にそう言う印象は無い。逆にスペースキーだけキータッチに違和感がある状態だ。

裏面も無難なツボを押さえた作り

裏面にはキーボードの角度を変える事ができるスタンドが付いている。このスタンドの先端にも滑り止めのゴムが付いており、強めにタイピングしてもキーボードがずれる事が無い。安いキーボードにはここにゴムが付いていない事があるので嬉しいポイント。

また、背面にレシーバーを挿しておくポイントがある。このキーボードを持ち運ぶタイミングがあまり想像できないが、一応持ち運びに配慮された設計だ。

まとめ

 

安価でワイアレス、すでにLogicool製品を使用しているのであればレシーバーを共通化できるのでおすすめできるキーボードだ。

無難な仕上がりだが、値段相応のキータッチなのでかなり長文を書く人やキータッチにこだわりがある人には向かないかも。

私は仕事用のキーボードとして購入したため、そこまでこだわりが無いため壊れるまで使い続けると思う。耐久性に期待だ。

ガジェットカテゴリの最新記事