MacBook ProにオススメRampow Type C to USB 3.1 Gen2 変換アダプタレビュー

MacBook ProにオススメRampow Type C to USB 3.1 Gen2 変換アダプタレビュー

MacBook Proは2016年モデルからUSB-Cポートのみとなった。しかし、まだ周辺機器はUSB-Aが多いのは事実。普段家ではHDMIとUSB-Aポート×3が使えるUSB-Cハブを使用しているが、持ち運ぶたびにわざわざHDMIなどを取り外すのも煩わしい。そもそも常にHDMIが必要になることも少なく、できるだけ荷物を減らしたいのが心情だ。

そこで、必要最低限の機能を持ったUSB-C to USB-A変換アダプタを購入してみたのでレビューする。

意外と安い!?USB-C to USB-A変換アダプタ

AmazonでUSB-CをUSB-Aに変換するアダプタを探して見ると1個600円ぐらいから存在する。正直どれを選んでも同じな気がするが、私はAmazonで一番レビュー数が多い「Rampow Type C to USB 3.1 Gen2 変換アダプタ」を購入した。この商品は2個で600円とかなりお値打ちだ。USB-Cのハブは3000円~5000円の商品が多いが、単体のUSB-A変換アダプタは安いものが多い。正直どの商品も聞いたことのない中華製だが、、、、

安くても必要十分なクオリティのRampow Type C to USB 3.1 Gen2 変換アダプタ


私のMacBook Proはスペースグレイを使っているのでその色に合うかなと思いグレーっぽい色のものを選んだつもりだったが、色はかなり異なった。ワンポイントとしてRampowのRが本体に印字されている。見た目は結構スタイリッシュでこんな小さなものだが、見た目はかっこいい。

USB-AはUSB3.0の速度に対応しているため、端子は青色。安くてもしっかりUSB3.0に対応しているのは嬉しい。最近はHDDやUSBメモリもUSB3.0に対応しているものが多いため、大いに役立つだろう。
MacBook Proに接続するとどうしても全体が長くなってしまう印象を受ける。製品の特性上仕方がないのだが、これをカッコいい状態かと聞かれると否だ。また、USB-A側の隙間が大きい。これはもう少し改善をしてほしいポイントだ。


MacBook Proに合わせて作られているのか、本製品は2つ並べることができる。ただ、USB-A側がこのアダプタの横幅からはみ出たら使えないため、現実的な使用方法ではない。幸い、MacBook Proは左右にポートがあるため2つ接続できる。この商品は2つ送られてきたが、その2つで差し込み具合に差がある。そもそもMacBook Proの4ポート自体固いポートがあったり柔らかいポートがあるので、USB-Cはポートの個体差が大きいのかもしれない。

私はMacBook Proを持ち運ぶとき、この変換アダプタと一緒にUSBメモリも持ち歩いている。小さいので安いのでなくしてもイイやという気持ちで無造作に放り込んでおけるのも利点。しかし、小さすぎるためいつも行方不明になる。キーホルダー用のヒモを取り付ける場所があれば付けたいのだが、あいにくこの商品にはストラップホールはない。

まとめ

■良いところ
・安くてデザインもかっこいい
・USB-Cハブに比べてかさばらず持ち運びも苦ではない
・既存の機器を有効利用できる

■悪いところ
・製品個体差あり?
・小さすぎて紛失の可能性あり。ストラップホールが欲しい。

安いので1セット購入しておくのが良いと思う。失敗しても買いなおせばいいかといった軽い気持ちでの購入をオススメする。

 

 

ガジェットカテゴリの最新記事