パナソニックのここいこ♪アプリで緯度経度を使って目的地送信する方法

パナソニックのここいこ♪アプリで緯度経度を使って目的地送信する方法

私の車はPanasonicのStradaを使用している。Stradaはスマホ連携アプリとして「ここいこ♪」アプリが提供されているが、残念ながらこのアプリはあまり出来が良くない。特にここいこ♪アプリの検索で出てこない山の中や地点登録が検索できない場所は出来の悪い地図上でひたすら探さなければいけない。これはここいこ♪アプリが緯度経度に対応していないので発生する問題だが、今回ちょっとした工夫で緯度経度から検索できる方法を紹介する。

手順概要

手順は以下の通り

  1. GoogleMapsアプリで地点を検索する
  2. 緯度経度or住所をコピーする
  3. ショートカットアプリで共有をする
  4. ダミー画像を生成する
  5. 画像編集アプリで位置情報を画像に付与する
  6. ここいこ♪アプリで画像を元に目的地送信する

仕組み

ここいこ♪アプリは緯度経度を元に地点を検索することができない。しかし、画像に埋め込まれたジオタグから位置情報を取り出し、目的地セットすることができる。今回の方法は画像を用いた位置情報検索の応用だ。

今回の方法を動画にて撮影したので確認して欲しい。動画を見ればだいたいの方法が理解できるはず。

ショートカットのワークフロー

ショートカットのワークフローは以下の通り

この通りワークフローを組み立ててれば動作するはず。そこまで難しい物ではないので後悔する予定は無し。ポイントとしてはここいこ♪アプリを起動してからHashPhotosアプリを起動する。そうすることでここいこ♪アプリがタスクに残るので遷移しやすい。

HashPhotos

動画でも使用しているHashPhotosというアプリは写真管理アプリだ。本アプリの位置情報修正機能は有料なので、別に位置情報を修正できるのであればこのアプリを使用する必要はない。

HashPhotos

まとめ

上記内容でここいこ♪アプリで緯度経度を元に目的地送信できる。そもそもアプリ側が対応してくれていればいい話なのだが、残念ながらPanasonicはこのアプリを改良するつもりはあまりなさそう。おまけに最新のカーナビではNaviConに対応している。

ちょっとした工夫で今まで使ってたアプリをもっと使いやすくできるので皆さんもぜひ試してみて欲しい。

 

ITネタカテゴリの最新記事