Sandyおじさん脱却計画

Sandyおじさん脱却計画

どうも、Sandyおじさんです。2011年の10月にintel  i7 2600Kで組んでからマザーとCPUを更新していない、いや更新できない呪いにかかってしまっているSandyおじさんがようやくSandyおじさんを脱却すべく自分用にどんな構成がいいかメモをしておく。

Advertisement

Sandyおじさんに人気AMD Ryzen 7 3700X

結構気にしている人多いんじゃないかな?AMDのRyzen 7 3700X。なんでもSandyおじさんがこぞって変えているからまだ在庫が少ないらしい。

Sandyおじさんは圧倒的コストパフォーマンスと耐久性、超長期間CPUを交換しなくてもよかったという境遇からなかなかこれだ!と思うCPUに出会わないと交換ができない。そんなSandyおじさんでもにっこりなCPUがRyzen 7 3700Xだ。

なんでもコストパフォーマンスに優れ、ライバルのインテルに比べて低価格で同性能の実力を持っているので人気が高い。かくいう自分もこのCPUが出てからCPU更新しようかなと思うようになってきた。

既存のパーツは残しつつこんな構成で考えている

独身時代であれば自作パーツに湯水のようにお金をかけていたが、現在はそれは不可。使えるパーツは使いつつこんな構成を考えている。

CPU AMD Ryzen 7 3700X 新規
マザーボード ASUS ROG STRIX B450-F GAMING 新規
グラボ EVGA GeForce GTX 1080 SC 既存
ストレージ Samsung 840 PRO Series MZ-7PD256B/IT×2 RAID0 既存
メモリ Kingston DDR4-2666 16GBx2枚 HyperX FURY CL16 1.2V HX426C16FBK2/32 新規
電源 Antech EA-650 既存
ケース Antec  THREEHUNDREDTWO 既存

マザーボードはあえてB450をと考えている。もう少し購入を待って、値段がこなれてきたころにX570を狙うのもいいが、X570はチップセットファンがついてきてしまうので、そのファンの音が気になったらどうしようとなかなか抵抗がある。また、B450まであれば値段が低いため、少しハイエンド向けのマザーを狙うことができる。

ただ、PCI-eのレーン数が多いのは今後のことを鑑みるとよいかもしれない。ここは悩みポイント。

M.2のSSDは今のところ保留。知らない間にこんなSSDが主流になっているんだなとびっくり。

電源はひょっとしたら交換するかもしれない。かれこれ10年選手でSandyを使うよりも長く使っているかなりの長寿だ。いい加減火を噴く前に交換したほうがいいかも。ただ、CPU電源の数が足りなくても動くのかは検証したいかな。

もう少し待って値段下がるのに期待

AMD Ryzen 7 3700Xはかなり人気で、発売されたばっかりということもありご祝儀価格が続いているので、自分としてはもう少しまってから購入予定。ただ、このあたりでSandyおじさんを卒業したいので購入するのは決定かな。

そうこうしているうちにX570マザーも値段がこなれてくるのでそちらを狙ってもよいかもしれない。

5年後Ryzenおじさんが誕生しているのが目に見えます。

created by Rinker
ASUSTek
¥14,494 (2019/11/13 17:20:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

自作PCカテゴリの最新記事