240W電源のHP ProDesk 400 G1 SFFにGTX1050Tiを入れてみた。

240W電源のHP  ProDesk 400 G1 SFFにGTX1050Tiを入れてみた。

※この記事は過去の記事を加筆修正したものです。

HP  ProDesk 400 G1 SFFのジャンクを購入したのでGTX1050Tiを入れてみた。
240W電源で対応できるか少々不安だったが挑戦してみたので記事にしたいと思う。


Advertisement

経緯

今自宅のPCMacBookPro1台しかなく、嫁さんが仕事で使いたいというと自分が使えなくなってしまうので、何とか安いPCが手に入らないかと思い、ヤフオクでジャンクのHP  ProDesk 400 G1 SFFを購入した。

購入時のスペック

購入時はBIOSの動作確認済みのジャンクという状態で購入。  まあ正直保障ないよという意味だと思い、壊れててもしゃーないなと言った気持ちで買いましたが、実際に届いてみるととくに問題なく動作した。
スペックは以下の通り。

CPU Intel i5-4570 @3.2Ghz
メモリ 4GB
グラフィックボード なし(オンボード)
電源 240W (HP独自電源)
HDD ST500DM002(500GB)
OS なし

壊れていたら電源とかCPUとかだけ流用しようかなと考えていたが、開けてびっくり玉手箱でHPのスリム型PCは電源とマザボが独自仕様の様子。
24pinがない設計で、他の市販の電源の流用ができない。
後から電源だけ交換しようとしている人は要注意だ!

HDDに関してはCrystalDiskInfoで確認したところ使用時間が7300時間を超えだった。
このPCの発売日が2014年の2月なので今から4年前。
公務員の1年間の出勤日数は大体240日なので1日8時間労働として
240日×4年×8時間=7680時間
と考えるとそこそこホワイトな企業で使われていたのかなぁと想像してみる。
あ、でも購入日によるか。

各種の増設

せっかくデスクトップPCを購入し、各種ポートが空いているのでいろいろ増設をした。

デスクトップを買ったことでゲームをやりたい欲が出てきたのもその増設の一因だ。

メモリの増設

メモリは標準が4Gで今時のメモリにしてはかなり少なかったため、8Gのメモリを増設した。
4G×8G=12Gという構成だ。
4Gを8Gにして16G構成にしようかと考えたが本機のメモリはDDR3であり、今時はDDR4なので今後メモリを活かすことができないと考え出費を抑えた。

ちなみにメモリは4スロットあるのかなと思っていたが、2スロットしかないので値段が低い4G×4で16Gと考えている方は要注意。
明らかにソケットが取り付いていないので他のマザーの流用かと思う。おそらくこの機種の上位版がHP ProDesk 600 G3 SF/CTで、そいつが流用されているかと。

グラボの増設

グラボはMSI GeForce GTX 1050 TI 4GT LPを増設した。条件としてはロープロファイルでかつ低消費電力なのが重要だ。
HP ProDesk 400 G1 SFFにMSI GeForce GTX 1050 TI 4GT LPを入れるとこんな感じ。

結構長さに余裕がありそうに見えるが実はその後ろにはSATAポートが迫っている。

ケースには余裕があるが、マザーボードが特殊なのには注意を払いたい。

最終的な構成

最終的な構成はこんな感じ。軽いゲームならやれるかなという印象。

CPU Intel i5-4570 @3.2Ghz
メモリ 12GB
グラフィックボード MSI GeForce GTX 1050 TI 4GT LP
電源 240W (HP独自電源)
HDD 850 EVO MZ-75E500B/IT(500GB)+ST500DM002(500GB)
OS Windows10

ベンチマーク

せっかくなのでこのPCで各種ベンチマークを測定してみた。


個人的に好きなモンハンベンチは19000台となった。このスコアはi7 2600K +HD6950のスコアより高い。GTA5も特にカクツクことなくスムーズにプレイ可能で、ベンチマークを計測したところおおむね60fpsを維持していた。


ついでに、ついこの間公開されたFFXVのベンチマークの結果はこんな感じでした。
このゲームはどうやら動作が重く、推奨がGTX1060以上になっていたので、FFXVをやりたいのであれば別の構成を考えた方がよいと思う。

240W電源でGTX1050Tiが動くかどうか

結論から言えば私の環境であれば動いた。増設をする前、240W電源GTX1050Tiが動くか心配だったが特に問題もなく動作し安心。

ただ、これは私の環境では動いたということであって電源の劣化やその他パーツ構成では電源が足りなくなることは十分に考えられる。余裕をもって組み込みたいのであれば500Wぐらいを用意したいところ。

まとめ

HP ProDesk 400 G1 SFFにGTX1050Tiを搭載し、そこそこ快適なPCを構築することができた。電源の経年劣化がやや不安だが、今のところちゃんと動作している。ちなみに、近所のPCショップに行ったらHP Compaq Pro 6300 SFにGTX1050Tiを搭載したPCをリユースPCとして販売していた。動作検証とかしているのだろうか・・?結構信用できるショップなので大丈夫かな。

何かご質問等あればお気軽にどうぞ。

追記

今時であればGTX1050TiではなくGTX 1650のほうがいいかもしれない。GTX1650であればGTX1050Tiと消費電力同じなのでHP ProDesk 400 G1 SFFにも搭載可能かと思う。

HP ProDesk 400 G1 SFFに搭載するならロープロファイルを選択することを忘れずに。

created by Rinker
MSI
¥14,444 (2019/10/23 20:19:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

自作PCカテゴリの最新記事