iPhone落としてエクスプレス交換サービス利用した

iPhone落としてエクスプレス交換サービス利用した

iPhoneXにしてからよく落とす様になった気がする・・・今までiPhoneをずっとケース無しで使用してきて、iPhoneXにしてからポロポロ落とすことが増えた。これは端末が重くなったというのもあるし、自分の握力が最近衰えてきているのも原因かもしれない。

で、つい先日車から降りる際にiPhoneを落下させてしまい、ついに画面が割れてしまったのでその時の段取りとかの話。

Advertisement

iPhone修理の方法はざっくり3通り

2019年6月の今、画面を割ってしまった時のiPhoneの修理方法はざっくり3通りある。店舗持ち込み、配送修理、エクスプレス交換サービスだ。最近は最寄りのApple Storeは激混みなため、配送修理かエクスプレス交換サービスが主な選択肢になるかなと言った感じ。

ここで少し私の勘違いが、、本来iPhoneの画面割れはAppleCare+に加入している場合3,400円だが、新品のiPhoneと交換して且つ手持ちにiPhoneがない時間を0にするエクスプレス交換サービスは全損時と同じ11,800円だということ。

私はてっきり画面割れのみと判断されたらエクスプレス交換サービスでも3,400円で済むと思っていたのでここは誤算。ただ私の場合実は背面のガラスも少し欠けてしまっていたので結局画面修理ではなく全損と見なされていたと思う。

申し込みは電話で

修理申し込みはおそらくインンターネット上でも可能だが、私はAppleの問い合わせはいつも電話を使っている。案内の人は親切だし、Appleの場合延々に繋がるまで待たされるわけではなく、折り返しコールをしてくれる。AppleCare+に入っている人であればぜひ電話で申し込みすることをおすすめする。

エクスプレス交換サービス

エクスプレス交換サービスは宅配業者が新しいiPhoneを持ってきてその場で古いiPhoneと交換する仕組み。そのため古いiPhoneから新しいiPhoneへのデータの移行はあらかじめPCでバックアップと取っておく必要がある。

そしてiPhoneのデータはあらかじめ削除しておく必要がある。この際iPhoneを探すをOFFにすることとiMessageをOFFにすることを忘れないこと。

新しいiPhoneは宅配業者が箱に入れて持ってきてくれるが、その箱は古いiPhoneを入れるために持って帰ってしまうので受け取ることはできない。初期のビニールに包まれた状態で手渡しされる。

新しいiPhoneは整備品という位置付けだが、傷もない新品と言って遜色ない物。やっぱり新しいiPhoneは気持ちいい。故障させたのは自分が原因なのだが、なぜか謝罪のメッセージとともにSIMカードの挿入方法が記載された紙も一緒に手渡される。

これらを受け取ったらPCからバックアップを戻してSIMカードを入れれば元の様に使い始めることができる。

まとめ

修理申し込みから修理完了までの流れはスムーズで、何より手元にiPhoneがない時間が0なのは素晴らしい。電話申し込みすれば気になる点もクリアにしながら申し込みができるし、修理に出すときの注意事項も直接伝えてもらえる。

初めてAppleCareの修理サービスを利用したが、備えあれば憂いなし。やっぱり入っておくべきなんだなぁと実感した。

 

雑記カテゴリの最新記事