Duet Displayがアップデートされて使い勝手が戻ったので再度紹介

Duet Displayがアップデートされて使い勝手が戻ったので再度紹介

PCデスクでMacBook Proを使うときはHDMIで24インチのモニターに画面出力をし、MacBook Proの画面をサブディスプレイとして使用してるが、気分転換でリビングで使用するときはモニターを持ち運べないのでDuet Displayを使ってiPadをサブディスプレイとして使っていた。

しかしそのDuet Displayがしばらく急激に使い勝手が悪くなっていた。だが先日のアップデートでDuet Display2となり快適さや使い勝手が元に戻ったので再レビューもかねて紹介する。

Advertisement

Duet Displayとは

Duet DisplayはiPadやiPhone等のiOS端末をサブディスプレイとして使用する事ができるアプリケーションだ。iPadをサブディスプレイとして使用する事ができるアプリは他にも多く存在するのだが、Duet Displayの特徴はケーブル接続で遅延が少ない映像転送を実現している。

 

Duet Display
Duet Display
Developer: Duet, Inc.
Price: ¥1,200+

 

また、アプリの値段とは別に年額2000円ほどを払えば無線で接続する事ができる。またApple Pencilに対応しているiPadの場合は感圧を認識する事ができる様になり、タブレットの様に使用する事ができる。(私は対応のiPadを持っていないので未実証)

macOSの制約でしばらくまともに使用する事ができなかった。

購入してからしばらく快適に使用していたDuet Displayだったが、macOS 10.13.4からまともに接続できなくなり、AirPlayディスプレイ経由での接続となってしまった。各メディア系ブログでは当初不具合と報じられていたが、私は不具合ではなく意図的に制約を加えられたのではないかと推察する。

AirPlay経由での接続としていくつかの問題点が発生していた。中でも致命的だったのが、iPadの縦置きに対応しなくなった事。

私が使用しているiPadはiPad miniなので縦置きにすると13インチMacBook Proの画面の高さとちょうど良い感じになる為、Duet Displayを使用するときは基本縦置きで使用していた。しかし、上記問題が発生してからは縦置きでの画面表示に対応しなくなっていた。

また、画面解像度や画面サイズをうまく切り替えられない事が多く、Duet Displayの使用頻度も必然的に下がってしまっていた。

アップデートで改善されたDuet Display

この度macOS 10.14.2とduet v2.0.3.8がリリースされ今まで存在していた問題点が改善された。合わせてハードウェアアクセラレーションによってより遅延が少ないデュアルディスプレイ環境が構築できる様になった。

ハードウェアアクセラレーションが使用できるiPadサブディスプレイ化ツールというと、Luna Displayが有名だが、あれは別でトングルの接続が必要となる。Duet Displayは別売りトングルなどを接続せずともハードウェアアクセラレーションを使用する事を実現している。

うたい文句通り遅延が少なくて素晴らしい

実際に動作している様子を動画で撮影してみた。

動画をみてもわかる通り、かなり程遅延で表示する事ができる。動画を再生しても音声とのズレを感じることはない。

また、縦画面での表示も復活し、私の使用用に途耐えうる状況に戻った感じだ。

現状お勧めできるサブディスプレイアプリの一つだが、バッテーリの消費早い。

iPadをサブディスプレイ化する事ができるアプリは数少ないが、少ない中でもDuet Displayはお勧めできるアプリの一つだと思う。ただ、難点を挙げるとすればMacBook Proをバッテリー駆動の状態でDuet Displayを使用しているとMacBook Proのバッテリーの減りが早い。Duet DisplayはUSB接続である為、iPadのバッテリーが減っている状態で接続してしまうとMac側からiPadに充電してしまうため特に減りが早い様だ。純粋にデュアルディスプレイにしている為グラフィックの描画リソースを割き、処理のためにバッテリーの減りが早いところもある。

まとめ

■良いところ
・低遅延で動画の視聴にも耐える事ができる
・iPadの縦置きにも対応している
・値段もそこまで高額というわけではない

■悪いところ
・Macのバッテリーを多く使ってしまう
・いちいちケーブルを刺さなければいけない

その他、使用における感想や質問が欲しい方はコメント欄などからご質問ください。

 

ソフトカテゴリの最新記事