ロリポップで構築しているWordPress環境のPHPバージョンアップ

  • URLをコピーしました!

ある日ブログの管理画面にアクセスしたらPHPのバージョンアップをすべしと警告が出ていた。

ロリポップで構築しているWordPress環境のPHPバージョンアップ方法について記載する。

目次

前提条件

今回の方法はロリポップで簡単WordPress構築機能を使って構築しているWordPress環境となっている。

その他、XserverやAWS等で環境を構築している方は方法が全然違うので注意されたし。



PHPバージョンアップ方法

WordPressの管理画面に入るとこんな感じでPHPの更新を推奨という警告文が出てきた。どうやら自分が使っているのはPHP 7.3.33で、既に2021年で更新が止まっているバージョンになっている。


ロリポップの管理画面にログインし、「サーバの管理・設定」をマウスオーバー→「PHP設定」をクリック


バージョンが古く表示されているドメインのPHPバージョンを新しいバージョンのPHPを選択、その後「変更」をクリック


こんな感じで選択されていればOK。変更ボタンクリック後、5分〜10分で変更が反映される


しばらくしてからWordPressの管理画面に入ったら警告文が消えている

SWELLが表示してくれるサイト情報上でもPHP7.4になっていることが確認できる

あまりしっかり調べていないけど、枝番のバージョンアップはロリポップが自動的にバージョンアップしてくれているっぽい。互換性とかの検証せずにバージョンアップされちゃうけど大丈夫なのかな・・・

PHPのバージョンアップをすべき理由

こんなこと今更書く必要もないかもしれないが、PHP7.3は既にサポートが終了しており、脆弱性が検出されたとしてもアップデートが提供されなくなる。そのため、早めにアップデートすることをおすすめする(私はすっかり忘れて放置していたが。。。)



created by Rinker
¥1,870 (2022/10/02 18:47:07時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうもZuxikkuです。
日本語だとズィックだとかジックって呼ばれています。
外国の方だとズクシーとか。ガジェットとか新しいもの大好き。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次