iPhoneX XSの背面をシンプルに守るなら「iPhone X 背面フルカバーフィルム/衝撃吸収」がおすすめ

iPhoneX XSの背面をシンプルに守るなら「iPhone X 背面フルカバーフィルム/衝撃吸収」がおすすめ

自身の不注意でiPhoneXの画面を破損させてしまい、整備品交換となり新品の美しさを取り戻した私のiPhoneだが、実はもともとアスファルトに落下させて背面ガラスを破損させていた。

今回、その様な悲劇を繰り返さない様にiPhone裸族の私でも納得いくiPhoneX XS用の背面保護フィルムを発見したので紹介。ただし、注意点もある。

Advertisement

iPhoneの背面を保護するのにガラスフィルムではなくあえてプラスチックフィルムを選んだ理由

iPhone背面フィルムは色々な種類があるが、私はあえてプラスチック、PETタイプをおすすめしたい。

実はプラスチック、PETタイプを使用する前にガラスタイプの背面フィルムを使用していたが、背面がつるつる滑ってソファーの手すりにフと置いたりちょっと斜めの場所に置いた際にガラスフィルムだとツルーと滑って落下と行ったことが多発するという問題点があり、すぐに使用をやめてしまった。

フィルムを貼ったせいで本体を破損されてしまったら元も子もない。

エレコム iPhone X 用背面フィルム

iPhoneX用の背面フィルムを探してみると複数存在するが、ほとんどがガラス製の物で実はプラスチック、PETタイプは少ない。その中で比較的保護面積が広そうでかつ値段も控えめのエレコムのiPhoneX用背面フィルムを購入してみた。

内容物は今時のスタンダードなセット内容

内容物はフィルム本体に説明書、背面をクリーニングするための画面クリーナーとホコリ取りテープと空気を抜くためのヘラが入っていた。ただ、最近は中華製のガラスフィルムでも結構しっかりとしたクリーナーが付いているが、エレコムの製品はかなり貧弱なクリーナーで、正直使い物にならなかった。

この辺りはぜひ改善して欲しい。

貼り付けは簡単になる様な仕組み、だが貼り付けには注意が必要

フィルムは黄色に見えるが、これはフィルムの上にさらに保護用のフィルムが貼られていためだ。

フィルムはまずiPhoneのカメラ部分のみを貼り付け、位置合わせをした後全体を貼り付ける。

その後ある程度を空気を抜いたら黄色のフィルムを保護しているフィルムを剥がす。ここで注意が必要なのが、この黄色のフィルムの粘着力が高く本来のフィルムがiPhone本体から剥がれてしまう恐れがある。そのため、黄色のフィルムを剥がす時は本来のフィルムが一緒に剥がれてしまっていないかよく確認しながらゆっくりと剥がさなければいけない。

実際私は勢いよく剥がし、1枚フィルムをダメにしてしまった。エレコムさん、なんでこんなに粘着力高いんですかね?設計ミスでは・・・?

黄色のフィルムを剥がすと貼り付け完了。結構気泡が入ってしまっているが、これらの気泡は付属のヘラで押し出してやると抜ける。コツコツ抜いていくと気泡は全部なくなった。

気泡が全部抜けると背面をぴったり覆っており、良い感じ。iPhoneのデザインを損なうこともない。指紋については正直結構付着する。PETタイプのフィルムなりの付着度だと思ってもらえれば良いだろう。

まとめ

iPhone裸族の私にとってなかなかよさげな背面フィルムに巡り合たと思い紹介してみた。正直エレコムのフィルム系製品は今まで偏見であまり使用していなかったが、この製品はオススメできる物だと思う。

ただ、貼り付けはコツと根気と注意が必要。そこさえクリアできれば背面フィルムの個人的ベストバイかな。

created by Rinker
エレコム
¥3,197 (2019/11/13 23:51:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

ガジェットカテゴリの最新記事