LENTION USB C ハブ 縦置きドッキングステーションは縦置きでかなりおススメ!

LENTION USB C ハブ 縦置きドッキングステーションは縦置きでかなりおススメ!

MacBook Pro2016を購入した時にUSB-Cハブを購入し使用していた。しかしそのハブはケーブルが短い汎用タイプで、給電に対応していないためMacBook Proを持ち運ぶ時にいちいち2本のケーブルを抜き差ししていた。また、ケーブルが短いため、HDMIを繋いでいるときは取り回しが面倒で、ハブUSB-Aポートを使用していなかった。

そんな中、スペースを取らない据え置き縦型タイプのハブを探してたところ、安価で良さげなハブを見つけたのでレビューしていく。

Advertisement

今回か購入したハブのメーカーLENTIONとは

LENTIONは中国広州のメーカー。2008年から活動しているメーカーで、ハブ以外にもMacBook用の保護シートなども製造しているようだ。シートについては結構色々なブログなどでレビューされており、品質も高い様子。

充電対応ハブの場合、ワット数の高めの充電器を接続するのでメーカーの信頼性も確認しておきたいポイント。

LENTION USB C ハブ 縦置きドッキングステーション

今回購入したのがこちら、Amazon.JPでは「LENTION USB C ハブ 縦置きドッキングステーション」と記載されている商品。製品の箱にはUSB-C UNIVERSAL DOCKING STATIONと記載がある。

簡素な外箱の中にはちょっと見た目の良い中箱が。中箱を開けるとポートが書かれた紙が入っていた。安価な割に高級感のある演出でGood。

本体はプラスチック製だが、金属っぽい加工がされており、安っぽさは感じない。ただ、やはり本体がプラスチックなので軽い。

背面にはDesigned by LENTIONとの刻印があり、デザインには自信があるようだ。

本体は軽いが、このドックを立てるためのスタンドが結構重量があり、ケーブルを接続してもハブが動いてしまうことはない。このスタンドは重量+底面にゴムが貼り付けられており、より滑らないようになっている。

ポート類は必要十分

ポート類は正面にSDカード、MicroSDカード、USB-Aポート3つ。背面に充電ケーブルを接続するためのUSB-C、LANポート、HDMI、VGA、PCと接続するためのUSB-Cポートが備わっている。

ポート類は多いが、USB-Cを分岐させるようなポートは無い。ただ、MacBook Proの場合はUSB-Cポートが複数備わっているためそこまで問題では無い。個人的にはLANポートは特に必要無いかな。

USB-Aポートが背面にある機種が多いが、この機種は全面にある。正直背面にあると抜き差しがめんどくさいので正面の方が良いと思う。

付属のケーブルは1m弱。MacBook Pro付属のケーブルよりも太くて硬い。また、接続端子部分も大きいので狭い場所は注意が必要かも。

実際に設置してみた

自分の場合、スピーカーや小物の関係でMacBook Proから離れた場所に設置した。縦置きなのでスペースも取らない。ケーブルが長く、設置場所に自由度が聞くのがドックタイプの利点だと思う。ハブタイプではこうはいかない。

このドックはThunderbolt3接続ではなく、USB-C 3.1接続タイプで、電源用アダプタが不要なタイプ。そのため、普段据え置きとして使っているMacBook Proの充電器を電源供給用のアダプタとして使っている。

今までは家に帰ったらハブと電源ケーブルの2本を接続しなければいけなかったが、これから一本さすだけで良いのは嬉しい。PC周りがスッキリした。

簡単に速度測定

以前購入したcolorful P100を使用して速度を計測した。

計測方法は過去にレビューも載せているRampow Type C to USB 3.1 Gen2 変換アダプタと比較した結果がこちら。

結果は、LENTION USB C ハブ 縦置きドッキングステーションに接続した方が遅い結果となった。流石に1つのポートをいくつも分岐するためか、速度は低下しているようだ。

写真ファイルや容量の小さなファイルを時々移動させると言った用途であれば気にならないと思うが、大容量ファイルを常に書き込みたいといった需要がある人は注意が必要。そいういう場合はUSB-C 3.1接続のドックではなく、Thunderbolt3接続のドックを購入した方が良いかもしれない。

HDCPには非対応

質感よし、デザインよし、値段も安いドックだが、注意点も・・・

これは購入してから気づいたが、この製品はどうやらHDCPに対応していないようだ。AmazonプライムビデオであればHD画質で表示できないだけだが、Huluを大画面で見るためにこの製品の購入を検討している場合はやめておいた方が良いだろう。

まとめ

安価な縦置き可能なドック、LENTION USB C ハブ 縦置きドッキングステーションのレビューでした。縦置きのUSB-Cタイプのドックは数があまり無いので縦置きを求めるのであればオススメできるドックだと思う。

ただ、前述の通りHDCPには対応していないようなので、映像コンテンツをよく視聴する人には残念ながらオススメできない。

私の環境では外部画面への出力も、SDカードの読み書きも、充電も一本のケーブルを接続するだけになりMacBook周りがとてもスマートになった。これからしばらく活用していきたいと思う。

ガジェットカテゴリの最新記事